フェムケアマガジン更年期

女性ホルモンが少ない人の特徴とは?その原因やバランスを整える方法を解説!

女性ホルモンが少ない人の特徴とは?その原因やバランスを整える方法を解説!

2023.01.18

女性の美と健康に大きくかかわっている女性ホルモン。「なんだか体調がすぐれないな…」と感じるのは女性ホルモンの減少やバランスの乱れが原因かもしれません。この記事では、女性ホルモンが少ない人の特徴や、女性ホルモンのバランスを整える解消法について解説していきます。 女性ホルモンとは 女性ホルモンとは女性の体内で生成されるホルモンのことで、おもに卵巣から分泌されていて、生理や妊娠、出産など女性の一生に深く関係しています。 女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの分泌量は、ティースプーン1杯ほど。このわずかな量の女性ホルモンが、女性の健康と美容に大きくかかわっています。 女性ホルモンは、脳の視床下部から指令を受けて卵巣が分泌します。分泌量のピークは20代後半から30代前半で、それ以降は徐々に低下しはじめ、減少し続けます。 また、月経周期でも女性ホルモンの分泌量が増減するため、女性はホルモン分泌量の変動によって心身にさまざまな影響があります。 女性ホルモンの種類と役割 女性ホルモンには大きく分けて「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つの種類があり、それぞれが担っている役割が異なります。ここではこの2つの女性ホルモンのおもな役割について解説します。 エストロゲン エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれており、その名のとおり卵胞から分泌される女性ホルモンです。 エストロゲンは女性らしい丸みを帯びた体を作るほか、髪や肌にハリと潤いを与えたり、女性の血管や骨を健康に保ったりする役目を担っています。 また、自律神経を調整する作用や、子宮内膜を厚くして卵子が着床しやすくするのもエストロゲンの役目です。 プロゲステロン プロゲステロンは黄体から分泌されているため、黄体ホルモンとも呼ばれています。子宮内膜を整えて精子を着床しやすくしたり、栄養や水分を体内に保ったり乳腺を発達させたりします。 そのほか、プロゲステロンには基礎体温を上昇させる働きもあります。妊娠した場合はプロゲステロンの分泌が続きますが、妊娠しない場合はプロゲステロンの分泌量が徐々に減少し、子宮内膜が剥がれて月経を迎えます。 女性ホルモンが少ないとどんな症状が出るの? 女性ホルモンは月経周期や年齢によって、それぞれがバランスを保つことで女性の体を正常に保つ働きがあります。 しかし、何らかの原因で女性ホルモンの分泌が少なくなると、このバランスが崩れてさまざまな症状があらわれることがあります。ここでは、女性のライフステージごとにおける症状について見ていきましょう。 思春期 女性は思春期に乳腺・乳房の発達や骨盤の発育などが起こり、女性らしい丸みのある体に変化していきます。12歳前後でエストロゲンの分泌が増えることで初潮を迎えますが、ホルモンバランスが不安定になりやすく、生理痛や月経困難症などの月経トラブルやイライラするといった症状があらわれやすくなります。 一般的には20歳前後でホルモンの分泌量が落ち着き始め、このあと迎える性成熟期には安定してホルモンが分泌されるようになります。 性成熟期 性成熟期に入ると、思春期に比べてホルモンの分泌が安定してきます。しかし、オーバーワークや人間関係といったストレス、不規則な生活などによってホルモンバランスが崩れてしまうと、情緒不安定になってイライラしたり、肌の水分量が減ってツヤがなくなったり、抜け毛が増えたり、疲れやすくなったりするなどさまざまな症状があらわれます。 女性ホルモンの分泌のピークは20代後半から30代前半です。30代後半以降になると、女性ホルモンの分泌量は徐々に減少していきます。 更年期 個人差はありますが、およそ40代半ばから50代半ばくらいまで、閉経を挟んだ10年間を更年期と呼んでいます。更年期に入ると女性ホルモンの分泌量は急激に減少し、分泌量にゆらぎが生じるため、更年期を「ゆらぎ世代」と呼ぶこともあります。 更年期では急な発汗やめまい、動悸、イライラといった心身のさまざまな症状があらわれますが、なかには日常生活に支障を来す状態まで悪化することがあります。ただし、ほとんど何も症状があらわれない方もいますので、更年期の症状には個人差が大きいといえるでしょう。 老年期 50代後半からの老年期に入ると、女性ホルモンの分泌量はさらに減少していき、エストロゲンの分泌はほぼなくなります。 女性ホルモンの減少に伴い、男性ホルモンが優位になるため、これまで女性ホルモンに守られていた骨は骨粗しょう症になりやすくなるほか、糖尿病や脂質異常症、高血圧といった男性がなりやすい疾病にかかりやすくなります。...

女性ホルモンが少ない人の特徴とは?その原因やバランスを整える方法を解説!

2023.01.18

女性の美と健康に大きくかかわっている女性ホルモン。「なんだか体調がすぐれないな…」と感じるのは女性ホルモンの減少やバランスの乱れが原因かもしれません。この記事では、女性ホルモンが少ない人の特徴や、女性ホルモンのバランスを整える解消法について解説していきます。 女性ホルモンとは 女性ホルモンとは女性の体内で生成されるホルモンのことで、おもに卵巣から分泌されていて、生理や妊娠、出産など女性の一生に深く関係しています。 女性が一生のうちに分泌する女性ホルモンの分泌量は、ティースプーン1杯ほど。このわずかな量の女性ホルモンが、女性の健康と美容に大きくかかわっています。 女性ホルモンは、脳の視床下部から指令を受けて卵巣が分泌します。分泌量のピークは20代後半から30代前半で、それ以降は徐々に低下しはじめ、減少し続けます。 また、月経周期でも女性ホルモンの分泌量が増減するため、女性はホルモン分泌量の変動によって心身にさまざまな影響があります。 女性ホルモンの種類と役割 女性ホルモンには大きく分けて「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つの種類があり、それぞれが担っている役割が異なります。ここではこの2つの女性ホルモンのおもな役割について解説します。 エストロゲン エストロゲンは卵胞ホルモンとも呼ばれており、その名のとおり卵胞から分泌される女性ホルモンです。 エストロゲンは女性らしい丸みを帯びた体を作るほか、髪や肌にハリと潤いを与えたり、女性の血管や骨を健康に保ったりする役目を担っています。 また、自律神経を調整する作用や、子宮内膜を厚くして卵子が着床しやすくするのもエストロゲンの役目です。 プロゲステロン プロゲステロンは黄体から分泌されているため、黄体ホルモンとも呼ばれています。子宮内膜を整えて精子を着床しやすくしたり、栄養や水分を体内に保ったり乳腺を発達させたりします。 そのほか、プロゲステロンには基礎体温を上昇させる働きもあります。妊娠した場合はプロゲステロンの分泌が続きますが、妊娠しない場合はプロゲステロンの分泌量が徐々に減少し、子宮内膜が剥がれて月経を迎えます。 女性ホルモンが少ないとどんな症状が出るの? 女性ホルモンは月経周期や年齢によって、それぞれがバランスを保つことで女性の体を正常に保つ働きがあります。 しかし、何らかの原因で女性ホルモンの分泌が少なくなると、このバランスが崩れてさまざまな症状があらわれることがあります。ここでは、女性のライフステージごとにおける症状について見ていきましょう。 思春期 女性は思春期に乳腺・乳房の発達や骨盤の発育などが起こり、女性らしい丸みのある体に変化していきます。12歳前後でエストロゲンの分泌が増えることで初潮を迎えますが、ホルモンバランスが不安定になりやすく、生理痛や月経困難症などの月経トラブルやイライラするといった症状があらわれやすくなります。 一般的には20歳前後でホルモンの分泌量が落ち着き始め、このあと迎える性成熟期には安定してホルモンが分泌されるようになります。 性成熟期 性成熟期に入ると、思春期に比べてホルモンの分泌が安定してきます。しかし、オーバーワークや人間関係といったストレス、不規則な生活などによってホルモンバランスが崩れてしまうと、情緒不安定になってイライラしたり、肌の水分量が減ってツヤがなくなったり、抜け毛が増えたり、疲れやすくなったりするなどさまざまな症状があらわれます。 女性ホルモンの分泌のピークは20代後半から30代前半です。30代後半以降になると、女性ホルモンの分泌量は徐々に減少していきます。 更年期 個人差はありますが、およそ40代半ばから50代半ばくらいまで、閉経を挟んだ10年間を更年期と呼んでいます。更年期に入ると女性ホルモンの分泌量は急激に減少し、分泌量にゆらぎが生じるため、更年期を「ゆらぎ世代」と呼ぶこともあります。 更年期では急な発汗やめまい、動悸、イライラといった心身のさまざまな症状があらわれますが、なかには日常生活に支障を来す状態まで悪化することがあります。ただし、ほとんど何も症状があらわれない方もいますので、更年期の症状には個人差が大きいといえるでしょう。 老年期 50代後半からの老年期に入ると、女性ホルモンの分泌量はさらに減少していき、エストロゲンの分泌はほぼなくなります。 女性ホルモンの減少に伴い、男性ホルモンが優位になるため、これまで女性ホルモンに守られていた骨は骨粗しょう症になりやすくなるほか、糖尿病や脂質異常症、高血圧といった男性がなりやすい疾病にかかりやすくなります。...

更年期のイライラにおすすめの漢方薬とは?ゆらぎ世代の悩みを解決!

更年期のイライラにおすすめの漢方薬とは?ゆらぎ世代の悩みを解決!

2022.12.14

  「些細なことでイライラする」「最近なんだか家族とのケンカが増えた…」とお悩みではありませんか? 女性は更年期を迎えると、ホルモンバランスの乱れによってイライラをはじめ、心身にさまざまな症状があらわれます。 「更年期だからしょうがない」と放置していると、ますます症状が悪化する可能性があるため、漢方の力を借りて少しでも症状を抑え、ゆらぎ世代を楽に生きていきましょう。 この記事では、更年期のイライラの原因や、その他更年期の主な症状、イライラに効果のある漢方薬をいくつかご紹介していきます。更年期に入ってイライラが止まらないと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 そもそも更年期とは? 更年期とは、女性のライフステージのひとつの期間をあらわします。女性は卵巣機能の働きに伴い、小児期、初潮を迎える思春期、性成熟期、閉経を迎える更年期、老年期といった5つのステージに分けられています。 そのうち更年期と呼ばれるのは閉経をはさんだ約10年間を指します。閉経は50歳前後が多いため、一般的にその前後の45歳~55歳を更年期と呼んでいます。もちろん閉経する年齢には個人差がありますので、40代に入った頃に更年期の症状に悩む方や、55歳を超えてもまだなお更年期の症状に悩む方もいます。 遅かれ早かれすべての女性が更年期を迎えるわけですが、人によってほとんど症状が出ない方もいれば、入院を余儀なくされるほど症状が重い方もいます。 イライラをはじめ疲労感など、日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合を「更年期障害」といい、放っておくと身体的、精神的に入れ替わり立ち替わり様々な症状があらわれて、辛い日常を送ることになります。 この更年期をいかに乗り切るかによって、老齢期の過ごし方が大きく変わってくるといえるでしょう。 更年期のイライラの原因は? 更年期以前は、脳の視床下部から「ホルモンを分泌するように」という命令が卵巣に伝わって、エストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されていました。 しかし更年期になると卵巣の機能が低下しているため、脳の視床下部からの命令を受けても女性ホルモンを分泌することができません。その結果、脳の指令と卵巣機能のバランスの乱れや、エストロゲンの欠乏によってイライラをはじめとする精神神経系の症状があらわれるのです。 こうした精神神経系の症状にはイライラ感のほか、不安感、抑うつ、意欲の低下、物忘れなどさまざまなものがあります。これらの症状は本人の意思とは関係なくあらわれるため、気がつけばイライラしていたり、些細なことに腹が立ったりしてしまいます。 また、意欲の低下や物忘れなども同時に起きやすいため、小さなことにいつまでもこだわってしまうほか、いろんな思いが頭の中で堂々巡りをするなど不安感を覚えることもあるでしょう。 さらに、更年期は筋力の低下など、自分の体が老いていくのを目の当たりにすることも多く、親の介護や子どもの自立といった家族関係の変化などからも、症状に大きな影響があるともいわれています。 更年期の主な症状 自分に合う漢方薬を選ぶためにも、更年期に起こるイライラ感以外の主な症状についても知っておきましょう。 更年期に起こる症状は人それぞれですが、多くの女性が経験する症状もいくつかあります。その代表的なものをご紹介します。 消化器系の症状食欲不振、吐き気、便秘・下痢、胃もたれ、胸焼けなど 生殖器系の症状不正出血、月経異常、性交痛など 泌尿器科系の症状頻尿、尿失禁など 運動器官系の症状肩こり、腰痛、背中の痛み、関節痛など 血管運動神経系の症状ホットフラッシュ、のぼせ、動悸・息切れ、寝汗、むくみなど 精神神経系の症状イライラ、不安、抑うつ、不眠、意欲の低下、物忘れ、集中力の低下など 全身症状のどのつかえ感、手足のしびれ、肌の上を虫が這うような感覚 人によっては、これらの症状が重なってあらわれることが多いようです。もともとの体質や遺伝的な影響のほか、生活習慣などの影響が少なからずあるといわれています。 更年期のイライラに効果のある漢方薬 心身にさまざまな影響がある更年期障害ですが、ここでは特にイライラに効果のある漢方薬をいくつかご紹介していきましょう。...

更年期のイライラにおすすめの漢方薬とは?ゆらぎ世代の悩みを解決!

2022.12.14

  「些細なことでイライラする」「最近なんだか家族とのケンカが増えた…」とお悩みではありませんか? 女性は更年期を迎えると、ホルモンバランスの乱れによってイライラをはじめ、心身にさまざまな症状があらわれます。 「更年期だからしょうがない」と放置していると、ますます症状が悪化する可能性があるため、漢方の力を借りて少しでも症状を抑え、ゆらぎ世代を楽に生きていきましょう。 この記事では、更年期のイライラの原因や、その他更年期の主な症状、イライラに効果のある漢方薬をいくつかご紹介していきます。更年期に入ってイライラが止まらないと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 そもそも更年期とは? 更年期とは、女性のライフステージのひとつの期間をあらわします。女性は卵巣機能の働きに伴い、小児期、初潮を迎える思春期、性成熟期、閉経を迎える更年期、老年期といった5つのステージに分けられています。 そのうち更年期と呼ばれるのは閉経をはさんだ約10年間を指します。閉経は50歳前後が多いため、一般的にその前後の45歳~55歳を更年期と呼んでいます。もちろん閉経する年齢には個人差がありますので、40代に入った頃に更年期の症状に悩む方や、55歳を超えてもまだなお更年期の症状に悩む方もいます。 遅かれ早かれすべての女性が更年期を迎えるわけですが、人によってほとんど症状が出ない方もいれば、入院を余儀なくされるほど症状が重い方もいます。 イライラをはじめ疲労感など、日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合を「更年期障害」といい、放っておくと身体的、精神的に入れ替わり立ち替わり様々な症状があらわれて、辛い日常を送ることになります。 この更年期をいかに乗り切るかによって、老齢期の過ごし方が大きく変わってくるといえるでしょう。 更年期のイライラの原因は? 更年期以前は、脳の視床下部から「ホルモンを分泌するように」という命令が卵巣に伝わって、エストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されていました。 しかし更年期になると卵巣の機能が低下しているため、脳の視床下部からの命令を受けても女性ホルモンを分泌することができません。その結果、脳の指令と卵巣機能のバランスの乱れや、エストロゲンの欠乏によってイライラをはじめとする精神神経系の症状があらわれるのです。 こうした精神神経系の症状にはイライラ感のほか、不安感、抑うつ、意欲の低下、物忘れなどさまざまなものがあります。これらの症状は本人の意思とは関係なくあらわれるため、気がつけばイライラしていたり、些細なことに腹が立ったりしてしまいます。 また、意欲の低下や物忘れなども同時に起きやすいため、小さなことにいつまでもこだわってしまうほか、いろんな思いが頭の中で堂々巡りをするなど不安感を覚えることもあるでしょう。 さらに、更年期は筋力の低下など、自分の体が老いていくのを目の当たりにすることも多く、親の介護や子どもの自立といった家族関係の変化などからも、症状に大きな影響があるともいわれています。 更年期の主な症状 自分に合う漢方薬を選ぶためにも、更年期に起こるイライラ感以外の主な症状についても知っておきましょう。 更年期に起こる症状は人それぞれですが、多くの女性が経験する症状もいくつかあります。その代表的なものをご紹介します。 消化器系の症状食欲不振、吐き気、便秘・下痢、胃もたれ、胸焼けなど 生殖器系の症状不正出血、月経異常、性交痛など 泌尿器科系の症状頻尿、尿失禁など 運動器官系の症状肩こり、腰痛、背中の痛み、関節痛など 血管運動神経系の症状ホットフラッシュ、のぼせ、動悸・息切れ、寝汗、むくみなど 精神神経系の症状イライラ、不安、抑うつ、不眠、意欲の低下、物忘れ、集中力の低下など 全身症状のどのつかえ感、手足のしびれ、肌の上を虫が這うような感覚 人によっては、これらの症状が重なってあらわれることが多いようです。もともとの体質や遺伝的な影響のほか、生活習慣などの影響が少なからずあるといわれています。 更年期のイライラに効果のある漢方薬 心身にさまざまな影響がある更年期障害ですが、ここでは特にイライラに効果のある漢方薬をいくつかご紹介していきましょう。...

女性にこそすっぽん!30~40代の女性に見逃せない成分や効果を解説

女性にこそすっぽん!30~40代の女性に見逃せない成分や効果を解説

2022.11.28

「元気の源」といわれてきたすっぽん。すっぽんに含まれている豊富な栄養素は、古来より健康を気づかう方々に注目されてきました。 滋養強壮に富む食材としてはもちろん、近年では美肌をつくるエイジングケア食材として、ゆらぎ世代の女性を中心に健康食材としても大変注目されています。 そこで今回は、すっぽんの栄養や効果・効能について詳しく解説していきます。「体調不良が続いて不安…」「以前の元気を取り戻したい!」「すっぽんの効能について知りたい」と思う方はぜひ参考にしてください。 そもそもすっぽんとは? 「一度噛むと雷が鳴っても離さない」と言われるほど狂暴なすっぽん。爬虫綱カメ目スッポン科スッポン属に分類されている亀の一種で、「キョクトウスッポン(ニホンスッポン)」「アジアスッポン」など様々な種類があります。 自然界では、河川や湖沼などの淡水に生息していますが、食用として使われているのは「キョクトウスッポン(ニホンスッポン)」と呼ばれる種類で、日本各地で養殖されています。 すっぽんは亀の仲間ですが、亀とは異なり甲羅は柔らかく、甲羅の外側にある「エンペラ」には、ゼラチン質のコラーゲンが豊富に含まれています。その他、甲羅全体や肉、血に至るまで食することができ、一部の内臓と爪以外はすべて食べられるのが特徴です。 またすっぽんは高級食材としても人気があり、すっぽん鍋やから揚げ、刺身などでおいしくいただくことができます。 すっぽんは見た目がグロテスクなうえ、亀の仲間と聞くと生臭そうなイメージがありますが、味は淡泊で、鶏肉に近い味という方が多いです。食感はプリプリとしており、コラーゲンのような感触です。また、すっぽんから良い出汁が出るため、すっぽん鍋としてよく食されているようです。 女性に嬉しい、すっぽんに含まれる栄養と効果・効能 すっぽんは、若々しい毎日を送りたい方、いつまでもキレイでいたいと願う女性に必要な栄養素を豊富に含みます。ここでは、ゆらぎ世代の女性のために、すっぽんに含まれる栄養素に注目しながら、主な効果や効能についてご紹介していきます。 アミノ酸 すっぽんの甲羅のフチ(エンペラ)はコラーゲンの塊です。すっぽんにはコラーゲンの元となるアミノ酸が豊富に含まれています。 体内では生成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」と言いますが、すっぽんはこの必須アミノ酸を全て含んでいるほか、体内で生成される非必須アミノ酸まで含むなど、まさにアミノ酸の宝庫です。 すっぽんに含まれるアミノ酸  必須アミノ酸 バリンロイシンイソロイシンスレオニントリプトファンヒスチジンフェニルアラニンメチオニンリジン 非必須アミノ酸 アスパラギン酸グルタミン酸グルタミンアルギニンアラニンシステインアスパラギンチロシンセリンプロリングリシン これら20種類の必須アミノ酸、非必須アミノ酸はタンパク質が分解された最小単位の物質で、腸管から吸収されたあと、血液や筋肉のほか、内臓、脳神経といった体の中のさまざまな部位の材料になったり、酵素やホルモンの材料になったりします。 実は私たちのからだは、この20種類のアミノ酸からできています。すっぽんには体の形成に必要な20種類のアミノ酸すべてを含んでいるため、美容と健康の両面で効果を期待できる食材といえるでしょう。 不飽和脂肪酸 すっぽんは、動物でありながらオレイン酸やリノール酸など、植物性に近い性質の不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。また、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)など、魚と同じ不飽和脂肪酸も含んでいます。 不飽和脂肪酸を摂取すると、以下のような健康に良い効果が得られます。 余分なコレステロールの付着を防ぐ 血圧を下げる 中性脂肪を下げる 悪玉コレステロールを減らす 便秘を解消する 動脈硬化を抑制する...

女性にこそすっぽん!30~40代の女性に見逃せない成分や効果を解説

2022.11.28

「元気の源」といわれてきたすっぽん。すっぽんに含まれている豊富な栄養素は、古来より健康を気づかう方々に注目されてきました。 滋養強壮に富む食材としてはもちろん、近年では美肌をつくるエイジングケア食材として、ゆらぎ世代の女性を中心に健康食材としても大変注目されています。 そこで今回は、すっぽんの栄養や効果・効能について詳しく解説していきます。「体調不良が続いて不安…」「以前の元気を取り戻したい!」「すっぽんの効能について知りたい」と思う方はぜひ参考にしてください。 そもそもすっぽんとは? 「一度噛むと雷が鳴っても離さない」と言われるほど狂暴なすっぽん。爬虫綱カメ目スッポン科スッポン属に分類されている亀の一種で、「キョクトウスッポン(ニホンスッポン)」「アジアスッポン」など様々な種類があります。 自然界では、河川や湖沼などの淡水に生息していますが、食用として使われているのは「キョクトウスッポン(ニホンスッポン)」と呼ばれる種類で、日本各地で養殖されています。 すっぽんは亀の仲間ですが、亀とは異なり甲羅は柔らかく、甲羅の外側にある「エンペラ」には、ゼラチン質のコラーゲンが豊富に含まれています。その他、甲羅全体や肉、血に至るまで食することができ、一部の内臓と爪以外はすべて食べられるのが特徴です。 またすっぽんは高級食材としても人気があり、すっぽん鍋やから揚げ、刺身などでおいしくいただくことができます。 すっぽんは見た目がグロテスクなうえ、亀の仲間と聞くと生臭そうなイメージがありますが、味は淡泊で、鶏肉に近い味という方が多いです。食感はプリプリとしており、コラーゲンのような感触です。また、すっぽんから良い出汁が出るため、すっぽん鍋としてよく食されているようです。 女性に嬉しい、すっぽんに含まれる栄養と効果・効能 すっぽんは、若々しい毎日を送りたい方、いつまでもキレイでいたいと願う女性に必要な栄養素を豊富に含みます。ここでは、ゆらぎ世代の女性のために、すっぽんに含まれる栄養素に注目しながら、主な効果や効能についてご紹介していきます。 アミノ酸 すっぽんの甲羅のフチ(エンペラ)はコラーゲンの塊です。すっぽんにはコラーゲンの元となるアミノ酸が豊富に含まれています。 体内では生成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」と言いますが、すっぽんはこの必須アミノ酸を全て含んでいるほか、体内で生成される非必須アミノ酸まで含むなど、まさにアミノ酸の宝庫です。 すっぽんに含まれるアミノ酸  必須アミノ酸 バリンロイシンイソロイシンスレオニントリプトファンヒスチジンフェニルアラニンメチオニンリジン 非必須アミノ酸 アスパラギン酸グルタミン酸グルタミンアルギニンアラニンシステインアスパラギンチロシンセリンプロリングリシン これら20種類の必須アミノ酸、非必須アミノ酸はタンパク質が分解された最小単位の物質で、腸管から吸収されたあと、血液や筋肉のほか、内臓、脳神経といった体の中のさまざまな部位の材料になったり、酵素やホルモンの材料になったりします。 実は私たちのからだは、この20種類のアミノ酸からできています。すっぽんには体の形成に必要な20種類のアミノ酸すべてを含んでいるため、美容と健康の両面で効果を期待できる食材といえるでしょう。 不飽和脂肪酸 すっぽんは、動物でありながらオレイン酸やリノール酸など、植物性に近い性質の不飽和脂肪酸を豊富に含んでいます。また、DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)など、魚と同じ不飽和脂肪酸も含んでいます。 不飽和脂肪酸を摂取すると、以下のような健康に良い効果が得られます。 余分なコレステロールの付着を防ぐ 血圧を下げる 中性脂肪を下げる 悪玉コレステロールを減らす 便秘を解消する 動脈硬化を抑制する...

マカは女性にも効果的!更年期や妊活中の方におすすめの理由を解説!

マカは女性にも効果的!更年期や妊活中の方におすすめの理由を解説!

2022.10.12

男性の精力剤として知られているマカですが、実は女性の健康と美容に嬉しい働きがいっぱいのスーパーフードです。更年期や妊活など、女性特有の悩みをサポートしてくれます。この記事では、マカの効果や特徴、飲み方などについてくわしく解説しています。 マカとは? マカはかぶや大根と同じアブラナ科の多年生植物です。マカが栽培されているのは、標高4,000m程の紫外線の強い土地、しかも植物が育つには厳しい酸性土壌なうえ、昼夜の寒暖差が激しいアンデス山脈です。 マカは土壌の栄養分を根こそぎ吸収して育つため、一度マカを栽培した土地は数年不毛になるといわれているほど生命力が強いと言われていて、古くから滋養強壮食としてアンデスに住む方々に重宝されてきました。 マカに含まれる栄養素 マカの主成分は炭水化物ですが、マカの根にはタンパク質や食物繊維のほか、鉄分やカルシウム、体内では合成できない必須アミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。 マカに含まれる栄養素 マカに含まれるアミノ酸 たんぱく質 食物繊維 不飽和脂肪酸 カルシウム カリウム 鉄 亜鉛 ビタミンB群 ビタミンE ベンジルグルコシノレート アントシアニン アルカロイド タンニン サポニン デキストリン その他 アルギニン イソロイシン グルタミン酸 リジン メチオニン フェニルアラニン...

マカは女性にも効果的!更年期や妊活中の方におすすめの理由を解説!

2022.10.12

男性の精力剤として知られているマカですが、実は女性の健康と美容に嬉しい働きがいっぱいのスーパーフードです。更年期や妊活など、女性特有の悩みをサポートしてくれます。この記事では、マカの効果や特徴、飲み方などについてくわしく解説しています。 マカとは? マカはかぶや大根と同じアブラナ科の多年生植物です。マカが栽培されているのは、標高4,000m程の紫外線の強い土地、しかも植物が育つには厳しい酸性土壌なうえ、昼夜の寒暖差が激しいアンデス山脈です。 マカは土壌の栄養分を根こそぎ吸収して育つため、一度マカを栽培した土地は数年不毛になるといわれているほど生命力が強いと言われていて、古くから滋養強壮食としてアンデスに住む方々に重宝されてきました。 マカに含まれる栄養素 マカの主成分は炭水化物ですが、マカの根にはタンパク質や食物繊維のほか、鉄分やカルシウム、体内では合成できない必須アミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。 マカに含まれる栄養素 マカに含まれるアミノ酸 たんぱく質 食物繊維 不飽和脂肪酸 カルシウム カリウム 鉄 亜鉛 ビタミンB群 ビタミンE ベンジルグルコシノレート アントシアニン アルカロイド タンニン サポニン デキストリン その他 アルギニン イソロイシン グルタミン酸 リジン メチオニン フェニルアラニン...

知っておきたい女性ホルモンの整え方とホルモンバランスの乱れの原因

知っておきたい女性ホルモンの整え方とホルモンバランスの乱れの原因

2022.09.27

女性はライフステージによってホルモンバランスが大きく変化し、その影響で日々の健康にもさまざまな影響を及ぼします。この記事では、ホルモンバランスの乱れによる不調の原因や、バランスを整える方法について解説します。 女性ホルモンとは ホルモンはからだのさまざまな機能を調節する物質です。ホルモンは一生のうちティースプーン1杯ほどしか分泌されませんが、ごく微量で働き、その数は100種類を超えます。 このうち、女性のからだの成長や機能にかかわる2種類の女性ホルモンがあります。それが卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲステロン」です。この2つのホルモンは、月経と連動して毎月分泌量が増減します。 エストロゲン エストロゲンは女性らしい丸みのあるからだを作り、骨密度を保ったり、肌や髪の潤いを保ったりする働きがあり、女性の健康を支える役割を担っています。 また、自律神経を安定させる作用もあるため、からだの健康だけではなく、精神を健やかに保つ働きもあります。 プロゲステロン プロゲステロンは基礎体温を上げたり、子宮内膜を整えて妊娠しやすいからだにしたりする働きがあります。生理前に基礎体温が上がるなど、からだに変化があるのはプロゲステロンの影響です。 ホルモンの状態を知るには、基礎体温表を付けるとわかりやすいでしょう。ホルモンの分泌が正常であれば、約1ヶ月の周期で低温期と高温期の2層にわかれます。もし一定の周期で2層にわかれていなかったり、低温期または高温期が続いたりする場合はホルモンバランスが乱れている状態です。基礎体温を付けていると婦人科で診察を受ける際に役立ちますから、毎日の習慣にしておくといいですね。 女性ホルモンの影響によるライフステージ別の変化 女性は女性ホルモンの影響によってからだと心に変化があるため、トラブルや病気もライフステージごとに異なります。 思春期 卵巣から女性ホルモンが分泌されて、初潮を迎える時期です。乳房や乳腺の発達、骨盤の発育などが起こって、女性らしい丸みのあるからだつきになります。また、女性ホルモンが活発に分泌されるため、心身共に不安定になりがちな時期でもあります。 成熟期 成熟期は、18歳頃から30代中頃までの時期を指します。ホルモンの分泌が安定しているため生理不順も起きにくく、妊娠・出産に適した時期ともいえるでしょう。ただし、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頸がんも多い年代のため定期的な検診が必要です。 30代後半になると女性ホルモンの分泌が徐々に減少し、生理の日数が短くなったり、更年期のような症状があらわれる「プレ更年期」を経験したりする人もいます。 更年期 一般的に更年期は「閉経前後の5年間」と定義されています。日本人女性の平均閉経年齢は50歳といわれているため、およそ45歳から55歳くらいまでの10年間が更年期に当たります。ただし閉経年齢には個人差があるため、40代で閉経する人もいれば、50代後半で閉経する人もいます。 更年期は卵巣の機能が低下し、エストロゲンの分泌が急激に減少します。エストロゲンは脳の視床下部の命令を受けて卵巣が分泌します。ところが、いくら脳が指令を出しても卵巣はすでに機能が低下してエストロゲンが分泌されないため、視床下部がさらに指令を出すという悪循環が生まれます。視床下部は自律神経の調節を行う役目を担っているため、体温調節や、睡眠などさまざまな生理機能に影響を及ぼします。これが更年期障害のしくみです。 更年期を過ぎると卵巣の機能が停止し、エストロゲンは分泌されなくなります。これまでエストロゲンに守られてきたからだは無防備となるため、生活習慣病のリスクが高まります。 ホルモンバランスが乱れる原因 ホルモンバランスが乱れる原因は主に次の3つです。 加齢 先に述べたように、女性ホルモンは加齢によって卵巣の機能が徐々に低下し、女性ホルモンの分泌が減少します。女性ホルモンの減少によって体内のホルモンバランスが乱れてさまざまな症状があらわれやすくなります。 ストレス 仕事や家庭内の問題、精神的な緊張は心身に大きな影響を与えます。特に女性ホルモンの分泌を指令する脳の視床下部は、ストレスの影響を受けやすいため、ホルモンの分泌が乱れる原因のひとつとなってしまいます。 無理なダイエットや不規則な生活 無理なダイエットや不規則な生活も、ホルモンバランスが乱れる原因です。睡眠不足や急激な体重減少などが起こると、脳は生命を維持するために月経を止める指令を出すためホルモンバランスの乱れにつながります。 ホルモンバランスの乱れによって起きる症状...

知っておきたい女性ホルモンの整え方とホルモンバランスの乱れの原因

2022.09.27

女性はライフステージによってホルモンバランスが大きく変化し、その影響で日々の健康にもさまざまな影響を及ぼします。この記事では、ホルモンバランスの乱れによる不調の原因や、バランスを整える方法について解説します。 女性ホルモンとは ホルモンはからだのさまざまな機能を調節する物質です。ホルモンは一生のうちティースプーン1杯ほどしか分泌されませんが、ごく微量で働き、その数は100種類を超えます。 このうち、女性のからだの成長や機能にかかわる2種類の女性ホルモンがあります。それが卵胞ホルモンの「エストロゲン」と黄体ホルモンの「プロゲステロン」です。この2つのホルモンは、月経と連動して毎月分泌量が増減します。 エストロゲン エストロゲンは女性らしい丸みのあるからだを作り、骨密度を保ったり、肌や髪の潤いを保ったりする働きがあり、女性の健康を支える役割を担っています。 また、自律神経を安定させる作用もあるため、からだの健康だけではなく、精神を健やかに保つ働きもあります。 プロゲステロン プロゲステロンは基礎体温を上げたり、子宮内膜を整えて妊娠しやすいからだにしたりする働きがあります。生理前に基礎体温が上がるなど、からだに変化があるのはプロゲステロンの影響です。 ホルモンの状態を知るには、基礎体温表を付けるとわかりやすいでしょう。ホルモンの分泌が正常であれば、約1ヶ月の周期で低温期と高温期の2層にわかれます。もし一定の周期で2層にわかれていなかったり、低温期または高温期が続いたりする場合はホルモンバランスが乱れている状態です。基礎体温を付けていると婦人科で診察を受ける際に役立ちますから、毎日の習慣にしておくといいですね。 女性ホルモンの影響によるライフステージ別の変化 女性は女性ホルモンの影響によってからだと心に変化があるため、トラブルや病気もライフステージごとに異なります。 思春期 卵巣から女性ホルモンが分泌されて、初潮を迎える時期です。乳房や乳腺の発達、骨盤の発育などが起こって、女性らしい丸みのあるからだつきになります。また、女性ホルモンが活発に分泌されるため、心身共に不安定になりがちな時期でもあります。 成熟期 成熟期は、18歳頃から30代中頃までの時期を指します。ホルモンの分泌が安定しているため生理不順も起きにくく、妊娠・出産に適した時期ともいえるでしょう。ただし、子宮筋腫や子宮内膜症、子宮頸がんも多い年代のため定期的な検診が必要です。 30代後半になると女性ホルモンの分泌が徐々に減少し、生理の日数が短くなったり、更年期のような症状があらわれる「プレ更年期」を経験したりする人もいます。 更年期 一般的に更年期は「閉経前後の5年間」と定義されています。日本人女性の平均閉経年齢は50歳といわれているため、およそ45歳から55歳くらいまでの10年間が更年期に当たります。ただし閉経年齢には個人差があるため、40代で閉経する人もいれば、50代後半で閉経する人もいます。 更年期は卵巣の機能が低下し、エストロゲンの分泌が急激に減少します。エストロゲンは脳の視床下部の命令を受けて卵巣が分泌します。ところが、いくら脳が指令を出しても卵巣はすでに機能が低下してエストロゲンが分泌されないため、視床下部がさらに指令を出すという悪循環が生まれます。視床下部は自律神経の調節を行う役目を担っているため、体温調節や、睡眠などさまざまな生理機能に影響を及ぼします。これが更年期障害のしくみです。 更年期を過ぎると卵巣の機能が停止し、エストロゲンは分泌されなくなります。これまでエストロゲンに守られてきたからだは無防備となるため、生活習慣病のリスクが高まります。 ホルモンバランスが乱れる原因 ホルモンバランスが乱れる原因は主に次の3つです。 加齢 先に述べたように、女性ホルモンは加齢によって卵巣の機能が徐々に低下し、女性ホルモンの分泌が減少します。女性ホルモンの減少によって体内のホルモンバランスが乱れてさまざまな症状があらわれやすくなります。 ストレス 仕事や家庭内の問題、精神的な緊張は心身に大きな影響を与えます。特に女性ホルモンの分泌を指令する脳の視床下部は、ストレスの影響を受けやすいため、ホルモンの分泌が乱れる原因のひとつとなってしまいます。 無理なダイエットや不規則な生活 無理なダイエットや不規則な生活も、ホルモンバランスが乱れる原因です。睡眠不足や急激な体重減少などが起こると、脳は生命を維持するために月経を止める指令を出すためホルモンバランスの乱れにつながります。 ホルモンバランスの乱れによって起きる症状...

30代から注意したい「プレ更年期」の症状や乗り切るための3つの対策を解説

30代から注意したい「プレ更年期」の症状や乗り切るための3つの対策を解説

2022.09.27

「更年期にはまだ早いはずなのに、どうも体調が優れない…」こんな悩みを持つ30代後半~40代前半の時期をプレ更年期と呼びます。この記事では、プレ更年期と本格的な更年期との違いや、プレ更年期を乗り切るための3つの方法について詳しく解説しています。 プレ更年期とは? プレ更年期は30代後半~40代なかば 卵巣の機能が徐々に低下し、心身の変化が現れる30代後半から40代前半の時期は、プレ更年期とよばれています。この時期に、更年期障害に似たのぼせや倦怠感、焦燥感、イライラなどの不調があらわれます。 一般的に更年期は、「閉経の前後5年間」と定義されています。日本人女性の平均閉経年齢は50歳といわれているため、おおよそ45歳から55歳までの10年間が更年期に当たります。 ただ、きっちりこの年齢からあらわれるのではなく、人によって閉経の年齢が異なるため、40代前半から症状があらわれる方もいれば、60歳くらいまで更年期の症状が続く方もいます。 プレ更年期は、本格的な更年期前にもかかわらずさまざまな症状が現れるため、いつもの体調不良とはちょっと違う違和感や不安感を抱く方も多いです。 プレ更年期の原因は? プレ更年期は、月経や加齢に伴う卵胞の減少や、卵巣機能の低下が原因といわれています。 もともと女性は、胎児の時にすでに卵巣に原始卵胞(卵子のもとになる細胞)を持っていますが、30代後半になると卵胞は月経や加齢という形でゆるやかに減少していきます。 女性ホルモンの分泌は脳がコントロールしていますが、卵巣機能が低下すると卵巣が脳の指令を受け取ることができず、自律神経の働きが乱れて更年期のような症状を引き起こします。 プレ更年期以外の可能性を考慮する ただし、30代後半からの体調不良は、プレ更年期以外の疾患の可能性があります。 これまでどおり28日から35日の決まったサイクルで月経があり、基礎体温も低温期と高温期がきれいに分かれているなら、卵巣機能は正常だといえます。 それにもかかわらずイライラしたり、メンタルの不調が起こったり倦怠感があったりする場合は、プレ更年期ではなく、過度なストレスや疲労、不規則な生活による自律神経の乱れが原因だと考えられます。 また、月経前のイライラや異常な眠気、だるさは月経前症候群(PMS)の可能性があります。さらに、甲状腺ホルモンの分泌過剰や不足など、甲状腺の病気を発症している場合も更年期に似た症状があらわれます。 更年期に似た症状があるからといってすぐにプレ更年期だと決めつけず、他の疾患の可能性についても考慮し、不安があれば婦人科や専門医に相談してみましょう。 プレ更年期と更年期の共通点と症状の違い プレ更年期にはどんな症状があり、本格的な更年期とはどのような違いがあるのかを知っておくと不安を解消することができます。 以下の8つがおもな更年期の症状です。 1:月経周期が乱れる 2:経血の量にムラがある 3:疲れやすい 4:ぐっすり眠れない 5:肩こりがひどい 6:ほてりやのぼせ 7:手足が冷える 8:集中力の低下、イライラ、ゆううつ 症状が似ていても、プレ更年期と本格的な更年期とは症状の重さが異なります。ひとつずつ見ていきましょう。 1:月経周期が乱れる...

30代から注意したい「プレ更年期」の症状や乗り切るための3つの対策を解説

2022.09.27

「更年期にはまだ早いはずなのに、どうも体調が優れない…」こんな悩みを持つ30代後半~40代前半の時期をプレ更年期と呼びます。この記事では、プレ更年期と本格的な更年期との違いや、プレ更年期を乗り切るための3つの方法について詳しく解説しています。 プレ更年期とは? プレ更年期は30代後半~40代なかば 卵巣の機能が徐々に低下し、心身の変化が現れる30代後半から40代前半の時期は、プレ更年期とよばれています。この時期に、更年期障害に似たのぼせや倦怠感、焦燥感、イライラなどの不調があらわれます。 一般的に更年期は、「閉経の前後5年間」と定義されています。日本人女性の平均閉経年齢は50歳といわれているため、おおよそ45歳から55歳までの10年間が更年期に当たります。 ただ、きっちりこの年齢からあらわれるのではなく、人によって閉経の年齢が異なるため、40代前半から症状があらわれる方もいれば、60歳くらいまで更年期の症状が続く方もいます。 プレ更年期は、本格的な更年期前にもかかわらずさまざまな症状が現れるため、いつもの体調不良とはちょっと違う違和感や不安感を抱く方も多いです。 プレ更年期の原因は? プレ更年期は、月経や加齢に伴う卵胞の減少や、卵巣機能の低下が原因といわれています。 もともと女性は、胎児の時にすでに卵巣に原始卵胞(卵子のもとになる細胞)を持っていますが、30代後半になると卵胞は月経や加齢という形でゆるやかに減少していきます。 女性ホルモンの分泌は脳がコントロールしていますが、卵巣機能が低下すると卵巣が脳の指令を受け取ることができず、自律神経の働きが乱れて更年期のような症状を引き起こします。 プレ更年期以外の可能性を考慮する ただし、30代後半からの体調不良は、プレ更年期以外の疾患の可能性があります。 これまでどおり28日から35日の決まったサイクルで月経があり、基礎体温も低温期と高温期がきれいに分かれているなら、卵巣機能は正常だといえます。 それにもかかわらずイライラしたり、メンタルの不調が起こったり倦怠感があったりする場合は、プレ更年期ではなく、過度なストレスや疲労、不規則な生活による自律神経の乱れが原因だと考えられます。 また、月経前のイライラや異常な眠気、だるさは月経前症候群(PMS)の可能性があります。さらに、甲状腺ホルモンの分泌過剰や不足など、甲状腺の病気を発症している場合も更年期に似た症状があらわれます。 更年期に似た症状があるからといってすぐにプレ更年期だと決めつけず、他の疾患の可能性についても考慮し、不安があれば婦人科や専門医に相談してみましょう。 プレ更年期と更年期の共通点と症状の違い プレ更年期にはどんな症状があり、本格的な更年期とはどのような違いがあるのかを知っておくと不安を解消することができます。 以下の8つがおもな更年期の症状です。 1:月経周期が乱れる 2:経血の量にムラがある 3:疲れやすい 4:ぐっすり眠れない 5:肩こりがひどい 6:ほてりやのぼせ 7:手足が冷える 8:集中力の低下、イライラ、ゆううつ 症状が似ていても、プレ更年期と本格的な更年期とは症状の重さが異なります。ひとつずつ見ていきましょう。 1:月経周期が乱れる...