フェムケアマガジン和漢・漢方

更年期のイライラにおすすめの漢方薬とは?ゆらぎ世代の悩みを解決!

更年期のイライラにおすすめの漢方薬とは?ゆらぎ世代の悩みを解決!

2022.12.14

  「些細なことでイライラする」「最近なんだか家族とのケンカが増えた…」とお悩みではありませんか? 女性は更年期を迎えると、ホルモンバランスの乱れによってイライラをはじめ、心身にさまざまな症状があらわれます。 「更年期だからしょうがない」と放置していると、ますます症状が悪化する可能性があるため、漢方の力を借りて少しでも症状を抑え、ゆらぎ世代を楽に生きていきましょう。 この記事では、更年期のイライラの原因や、その他更年期の主な症状、イライラに効果のある漢方薬をいくつかご紹介していきます。更年期に入ってイライラが止まらないと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 そもそも更年期とは? 更年期とは、女性のライフステージのひとつの期間をあらわします。女性は卵巣機能の働きに伴い、小児期、初潮を迎える思春期、性成熟期、閉経を迎える更年期、老年期といった5つのステージに分けられています。 そのうち更年期と呼ばれるのは閉経をはさんだ約10年間を指します。閉経は50歳前後が多いため、一般的にその前後の45歳~55歳を更年期と呼んでいます。もちろん閉経する年齢には個人差がありますので、40代に入った頃に更年期の症状に悩む方や、55歳を超えてもまだなお更年期の症状に悩む方もいます。 遅かれ早かれすべての女性が更年期を迎えるわけですが、人によってほとんど症状が出ない方もいれば、入院を余儀なくされるほど症状が重い方もいます。 イライラをはじめ疲労感など、日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合を「更年期障害」といい、放っておくと身体的、精神的に入れ替わり立ち替わり様々な症状があらわれて、辛い日常を送ることになります。 この更年期をいかに乗り切るかによって、老齢期の過ごし方が大きく変わってくるといえるでしょう。 更年期のイライラの原因は? 更年期以前は、脳の視床下部から「ホルモンを分泌するように」という命令が卵巣に伝わって、エストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されていました。 しかし更年期になると卵巣の機能が低下しているため、脳の視床下部からの命令を受けても女性ホルモンを分泌することができません。その結果、脳の指令と卵巣機能のバランスの乱れや、エストロゲンの欠乏によってイライラをはじめとする精神神経系の症状があらわれるのです。 こうした精神神経系の症状にはイライラ感のほか、不安感、抑うつ、意欲の低下、物忘れなどさまざまなものがあります。これらの症状は本人の意思とは関係なくあらわれるため、気がつけばイライラしていたり、些細なことに腹が立ったりしてしまいます。 また、意欲の低下や物忘れなども同時に起きやすいため、小さなことにいつまでもこだわってしまうほか、いろんな思いが頭の中で堂々巡りをするなど不安感を覚えることもあるでしょう。 さらに、更年期は筋力の低下など、自分の体が老いていくのを目の当たりにすることも多く、親の介護や子どもの自立といった家族関係の変化などからも、症状に大きな影響があるともいわれています。 更年期の主な症状 自分に合う漢方薬を選ぶためにも、更年期に起こるイライラ感以外の主な症状についても知っておきましょう。 更年期に起こる症状は人それぞれですが、多くの女性が経験する症状もいくつかあります。その代表的なものをご紹介します。 消化器系の症状食欲不振、吐き気、便秘・下痢、胃もたれ、胸焼けなど 生殖器系の症状不正出血、月経異常、性交痛など 泌尿器科系の症状頻尿、尿失禁など 運動器官系の症状肩こり、腰痛、背中の痛み、関節痛など 血管運動神経系の症状ホットフラッシュ、のぼせ、動悸・息切れ、寝汗、むくみなど 精神神経系の症状イライラ、不安、抑うつ、不眠、意欲の低下、物忘れ、集中力の低下など 全身症状のどのつかえ感、手足のしびれ、肌の上を虫が這うような感覚 人によっては、これらの症状が重なってあらわれることが多いようです。もともとの体質や遺伝的な影響のほか、生活習慣などの影響が少なからずあるといわれています。 更年期のイライラに効果のある漢方薬 心身にさまざまな影響がある更年期障害ですが、ここでは特にイライラに効果のある漢方薬をいくつかご紹介していきましょう。...

更年期のイライラにおすすめの漢方薬とは?ゆらぎ世代の悩みを解決!

2022.12.14

  「些細なことでイライラする」「最近なんだか家族とのケンカが増えた…」とお悩みではありませんか? 女性は更年期を迎えると、ホルモンバランスの乱れによってイライラをはじめ、心身にさまざまな症状があらわれます。 「更年期だからしょうがない」と放置していると、ますます症状が悪化する可能性があるため、漢方の力を借りて少しでも症状を抑え、ゆらぎ世代を楽に生きていきましょう。 この記事では、更年期のイライラの原因や、その他更年期の主な症状、イライラに効果のある漢方薬をいくつかご紹介していきます。更年期に入ってイライラが止まらないと悩んでいる方はぜひ参考にしてください。 そもそも更年期とは? 更年期とは、女性のライフステージのひとつの期間をあらわします。女性は卵巣機能の働きに伴い、小児期、初潮を迎える思春期、性成熟期、閉経を迎える更年期、老年期といった5つのステージに分けられています。 そのうち更年期と呼ばれるのは閉経をはさんだ約10年間を指します。閉経は50歳前後が多いため、一般的にその前後の45歳~55歳を更年期と呼んでいます。もちろん閉経する年齢には個人差がありますので、40代に入った頃に更年期の症状に悩む方や、55歳を超えてもまだなお更年期の症状に悩む方もいます。 遅かれ早かれすべての女性が更年期を迎えるわけですが、人によってほとんど症状が出ない方もいれば、入院を余儀なくされるほど症状が重い方もいます。 イライラをはじめ疲労感など、日常生活に支障をきたすほどの症状がある場合を「更年期障害」といい、放っておくと身体的、精神的に入れ替わり立ち替わり様々な症状があらわれて、辛い日常を送ることになります。 この更年期をいかに乗り切るかによって、老齢期の過ごし方が大きく変わってくるといえるでしょう。 更年期のイライラの原因は? 更年期以前は、脳の視床下部から「ホルモンを分泌するように」という命令が卵巣に伝わって、エストロゲンなどの女性ホルモンが分泌されていました。 しかし更年期になると卵巣の機能が低下しているため、脳の視床下部からの命令を受けても女性ホルモンを分泌することができません。その結果、脳の指令と卵巣機能のバランスの乱れや、エストロゲンの欠乏によってイライラをはじめとする精神神経系の症状があらわれるのです。 こうした精神神経系の症状にはイライラ感のほか、不安感、抑うつ、意欲の低下、物忘れなどさまざまなものがあります。これらの症状は本人の意思とは関係なくあらわれるため、気がつけばイライラしていたり、些細なことに腹が立ったりしてしまいます。 また、意欲の低下や物忘れなども同時に起きやすいため、小さなことにいつまでもこだわってしまうほか、いろんな思いが頭の中で堂々巡りをするなど不安感を覚えることもあるでしょう。 さらに、更年期は筋力の低下など、自分の体が老いていくのを目の当たりにすることも多く、親の介護や子どもの自立といった家族関係の変化などからも、症状に大きな影響があるともいわれています。 更年期の主な症状 自分に合う漢方薬を選ぶためにも、更年期に起こるイライラ感以外の主な症状についても知っておきましょう。 更年期に起こる症状は人それぞれですが、多くの女性が経験する症状もいくつかあります。その代表的なものをご紹介します。 消化器系の症状食欲不振、吐き気、便秘・下痢、胃もたれ、胸焼けなど 生殖器系の症状不正出血、月経異常、性交痛など 泌尿器科系の症状頻尿、尿失禁など 運動器官系の症状肩こり、腰痛、背中の痛み、関節痛など 血管運動神経系の症状ホットフラッシュ、のぼせ、動悸・息切れ、寝汗、むくみなど 精神神経系の症状イライラ、不安、抑うつ、不眠、意欲の低下、物忘れ、集中力の低下など 全身症状のどのつかえ感、手足のしびれ、肌の上を虫が這うような感覚 人によっては、これらの症状が重なってあらわれることが多いようです。もともとの体質や遺伝的な影響のほか、生活習慣などの影響が少なからずあるといわれています。 更年期のイライラに効果のある漢方薬 心身にさまざまな影響がある更年期障害ですが、ここでは特にイライラに効果のある漢方薬をいくつかご紹介していきましょう。...

マカは女性にも効果的!更年期や妊活中の方におすすめの理由を解説!

マカは女性にも効果的!更年期や妊活中の方におすすめの理由を解説!

2022.10.12

男性の精力剤として知られているマカですが、実は女性の健康と美容に嬉しい働きがいっぱいのスーパーフードです。更年期や妊活など、女性特有の悩みをサポートしてくれます。この記事では、マカの効果や特徴、飲み方などについてくわしく解説しています。 マカとは? マカはかぶや大根と同じアブラナ科の多年生植物です。マカが栽培されているのは、標高4,000m程の紫外線の強い土地、しかも植物が育つには厳しい酸性土壌なうえ、昼夜の寒暖差が激しいアンデス山脈です。 マカは土壌の栄養分を根こそぎ吸収して育つため、一度マカを栽培した土地は数年不毛になるといわれているほど生命力が強いと言われていて、古くから滋養強壮食としてアンデスに住む方々に重宝されてきました。 マカに含まれる栄養素 マカの主成分は炭水化物ですが、マカの根にはタンパク質や食物繊維のほか、鉄分やカルシウム、体内では合成できない必須アミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。 マカに含まれる栄養素 マカに含まれるアミノ酸 たんぱく質 食物繊維 不飽和脂肪酸 カルシウム カリウム 鉄 亜鉛 ビタミンB群 ビタミンE ベンジルグルコシノレート アントシアニン アルカロイド タンニン サポニン デキストリン その他 アルギニン イソロイシン グルタミン酸 リジン メチオニン フェニルアラニン...

マカは女性にも効果的!更年期や妊活中の方におすすめの理由を解説!

2022.10.12

男性の精力剤として知られているマカですが、実は女性の健康と美容に嬉しい働きがいっぱいのスーパーフードです。更年期や妊活など、女性特有の悩みをサポートしてくれます。この記事では、マカの効果や特徴、飲み方などについてくわしく解説しています。 マカとは? マカはかぶや大根と同じアブラナ科の多年生植物です。マカが栽培されているのは、標高4,000m程の紫外線の強い土地、しかも植物が育つには厳しい酸性土壌なうえ、昼夜の寒暖差が激しいアンデス山脈です。 マカは土壌の栄養分を根こそぎ吸収して育つため、一度マカを栽培した土地は数年不毛になるといわれているほど生命力が強いと言われていて、古くから滋養強壮食としてアンデスに住む方々に重宝されてきました。 マカに含まれる栄養素 マカの主成分は炭水化物ですが、マカの根にはタンパク質や食物繊維のほか、鉄分やカルシウム、体内では合成できない必須アミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。 マカに含まれる栄養素 マカに含まれるアミノ酸 たんぱく質 食物繊維 不飽和脂肪酸 カルシウム カリウム 鉄 亜鉛 ビタミンB群 ビタミンE ベンジルグルコシノレート アントシアニン アルカロイド タンニン サポニン デキストリン その他 アルギニン イソロイシン グルタミン酸 リジン メチオニン フェニルアラニン...

更年期にも効果があると期待されている「マカ」の効果とは?女性がマカを摂取する効果について解説。

更年期にも効果があると期待されている「マカ」の効果とは?女性がマカを摂取する効果について解説。

2022.08.30

マカといえば、どちらかと言えば男性向けという印象も強いのではないでしょうか。 そのため、「女性がマカを摂取しても大丈夫なの?」「女性が飲んで、どのような効果は期待できるの?」と疑問に思っている方が多いと思います。そこで、マカに期待できる効果や、女性が摂取してどのような効果があるのかを解説していきます。マカを摂取しようとお考えの女性でしたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。 マカとは? マカとは、南米ペルーのアンデス山脈で自生する植物のことです。アンデス山脈は標高4000mの高地であるため、冷害、あるいは干ばつが発生する場所です。アンデス山脈は年間の平均気温が7℃にも満たないような寒さなのです。 そんな寒冷地で育ったマカは力強くたくましいため、古代からアンデスの人々の滋養強壮食となりました。 マカにはビタミンや亜鉛、鉄、ミネラル、食物繊維、アルギニンなどのアミノ酸、必須アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれていることから、とても注目されています。そんなマカは男性のための精力剤という印象が強いでしょうが、実は女性も摂取できるのです。そこで、女性がマカに期待できる効果を以下でご紹介していきます。 マカに期待できる効果とは?女性の美や健康にも効果的? 男性機能の改善だけでなく、女性の美や健康にも効果的ということで「マカ」が注目されています。マカは、ネット通販サイトやドラッグストアでも手軽に購入することが可能です。 まずは、女性がマカを摂取することで、どのような効果があるのかを解説していきますね。 美肌効果が期待できる マカには数々の有用な成分が含まれており、中でもアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させます。それによって、老化を予防する効果が期待できるのです。 成長ホルモンの分泌は、20歳をピークにそれ以降は年連減少していき、老化を進行させてしまいます。そうなれば、肌にも現れるようになり、シワやシミ、たるみの原因となりますし、肌荒れを引き起こすことも! マカを摂取してアルギニンを体内に送り込めば、成長ホルモンの分泌を活発化させられます。それにより、肌の老化を予防することが期待できます。さらに、マカはメラニンの産生を抑制し、紫外線からの肌ダメージを減らせるのも魅力です。 マカにはビタミンBやビタミンEも含まれており、皮膚の新陳代謝を促進させて、ハリのある肌を維持することが可能です。ですので、美肌を目指す女性に最適と言えるでしょう。肌の老化を防止して美肌で若々しさを保ちたい女性でしたら、マカを摂取してみてはいかがでしょうか。 妊活のサポートをしてくれる 女性の方であれば、妊活サプリを活用されたことがある方も多いはずです。マカは女性の妊活にも効果的。女性ホルモンの1つとして知られるプロゲステロンの分泌を促進させ、妊娠しやすい身体へとサポートしてくれるのです。 加齢により卵巣機能が低下すると、プロゲステロンの分泌量が減少します。そのことから、マカを摂取してプロゲステロンの分泌量を促進させます。 プロゲステロンというのは、黄体形成ホルモンにより分泌が促進されるのです。マカを摂取すれば、黄体形成ホルモンの分泌を促進させられることから、妊活サプリとして活用されることも多くあります。 これから妊活をしたいという女性でしたら、マカを活用するのも選択肢の1つとなるかもしれません。 更年期障害を改善させる 中高年の女性を悩ませるのが、更年期障害でしょう。更年期障害になれば、肩こりや頭痛などで悩まされることも多くあります。 加齢により卵巣の機能が衰えると、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌が減少しホルモンバランスが乱れてしまいます。そのことで、更年期障害を引き起こしてしまいます。 マカには植物性エストロゲンが含まれているので、マカを摂取することでエストロゲンを増やし症状を改善させることが期待できます。そのため、更年期障害でお悩みの女性でしたら、マカを試すのが効果的です。マカは疲労回復効果も期待できるので、最近疲れやすいという女性にもおすすめです。乱れたホルモンバランスを正常化するために、マカをうまく活用してみるのも良いでしょう。 マカの副作用は? マカはさまざまな効果が期待でき、女性の美や健康をサポートしてくれます。 しかし、マカには副作用がないか心配だという方もいるのではないでしょうか。結論から言えば、マカは副作用の心配はほとんどいりません。 なぜなら、マカは健康食品であって、医薬品ではないからです。マカは植物性由来なため、医薬品と違って副作用のリスクは少ないと言われています。 それでも、摂取量には十分に注意してください。決められた容量をしっかりと守り、過剰摂取はしないことが大切です。いくら副作用のリスクが少ないと言っても、過剰に摂取すれば何らかの健康被害が出ることが考えられます。ですので、そうならないためにも、容量を守って正しく摂取するのがベストでしょう。 マカの摂取は、こんな方におすすめです。 マカの摂取がおすすめできるのは、主に以下のような女性となります。...

更年期にも効果があると期待されている「マカ」の効果とは?女性がマカを摂取する効果について解説。

2022.08.30

マカといえば、どちらかと言えば男性向けという印象も強いのではないでしょうか。 そのため、「女性がマカを摂取しても大丈夫なの?」「女性が飲んで、どのような効果は期待できるの?」と疑問に思っている方が多いと思います。そこで、マカに期待できる効果や、女性が摂取してどのような効果があるのかを解説していきます。マカを摂取しようとお考えの女性でしたら、ぜひ参考にしてみてくださいね。 マカとは? マカとは、南米ペルーのアンデス山脈で自生する植物のことです。アンデス山脈は標高4000mの高地であるため、冷害、あるいは干ばつが発生する場所です。アンデス山脈は年間の平均気温が7℃にも満たないような寒さなのです。 そんな寒冷地で育ったマカは力強くたくましいため、古代からアンデスの人々の滋養強壮食となりました。 マカにはビタミンや亜鉛、鉄、ミネラル、食物繊維、アルギニンなどのアミノ酸、必須アミノ酸などの栄養素が豊富に含まれていることから、とても注目されています。そんなマカは男性のための精力剤という印象が強いでしょうが、実は女性も摂取できるのです。そこで、女性がマカに期待できる効果を以下でご紹介していきます。 マカに期待できる効果とは?女性の美や健康にも効果的? 男性機能の改善だけでなく、女性の美や健康にも効果的ということで「マカ」が注目されています。マカは、ネット通販サイトやドラッグストアでも手軽に購入することが可能です。 まずは、女性がマカを摂取することで、どのような効果があるのかを解説していきますね。 美肌効果が期待できる マカには数々の有用な成分が含まれており、中でもアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進させます。それによって、老化を予防する効果が期待できるのです。 成長ホルモンの分泌は、20歳をピークにそれ以降は年連減少していき、老化を進行させてしまいます。そうなれば、肌にも現れるようになり、シワやシミ、たるみの原因となりますし、肌荒れを引き起こすことも! マカを摂取してアルギニンを体内に送り込めば、成長ホルモンの分泌を活発化させられます。それにより、肌の老化を予防することが期待できます。さらに、マカはメラニンの産生を抑制し、紫外線からの肌ダメージを減らせるのも魅力です。 マカにはビタミンBやビタミンEも含まれており、皮膚の新陳代謝を促進させて、ハリのある肌を維持することが可能です。ですので、美肌を目指す女性に最適と言えるでしょう。肌の老化を防止して美肌で若々しさを保ちたい女性でしたら、マカを摂取してみてはいかがでしょうか。 妊活のサポートをしてくれる 女性の方であれば、妊活サプリを活用されたことがある方も多いはずです。マカは女性の妊活にも効果的。女性ホルモンの1つとして知られるプロゲステロンの分泌を促進させ、妊娠しやすい身体へとサポートしてくれるのです。 加齢により卵巣機能が低下すると、プロゲステロンの分泌量が減少します。そのことから、マカを摂取してプロゲステロンの分泌量を促進させます。 プロゲステロンというのは、黄体形成ホルモンにより分泌が促進されるのです。マカを摂取すれば、黄体形成ホルモンの分泌を促進させられることから、妊活サプリとして活用されることも多くあります。 これから妊活をしたいという女性でしたら、マカを活用するのも選択肢の1つとなるかもしれません。 更年期障害を改善させる 中高年の女性を悩ませるのが、更年期障害でしょう。更年期障害になれば、肩こりや頭痛などで悩まされることも多くあります。 加齢により卵巣の機能が衰えると、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌が減少しホルモンバランスが乱れてしまいます。そのことで、更年期障害を引き起こしてしまいます。 マカには植物性エストロゲンが含まれているので、マカを摂取することでエストロゲンを増やし症状を改善させることが期待できます。そのため、更年期障害でお悩みの女性でしたら、マカを試すのが効果的です。マカは疲労回復効果も期待できるので、最近疲れやすいという女性にもおすすめです。乱れたホルモンバランスを正常化するために、マカをうまく活用してみるのも良いでしょう。 マカの副作用は? マカはさまざまな効果が期待でき、女性の美や健康をサポートしてくれます。 しかし、マカには副作用がないか心配だという方もいるのではないでしょうか。結論から言えば、マカは副作用の心配はほとんどいりません。 なぜなら、マカは健康食品であって、医薬品ではないからです。マカは植物性由来なため、医薬品と違って副作用のリスクは少ないと言われています。 それでも、摂取量には十分に注意してください。決められた容量をしっかりと守り、過剰摂取はしないことが大切です。いくら副作用のリスクが少ないと言っても、過剰に摂取すれば何らかの健康被害が出ることが考えられます。ですので、そうならないためにも、容量を守って正しく摂取するのがベストでしょう。 マカの摂取は、こんな方におすすめです。 マカの摂取がおすすめできるのは、主に以下のような女性となります。...

【積極的に摂りたい】ツライ更年期に効く食べ物と生薬をご紹介!

【積極的に摂りたい】ツライ更年期に効く食べ物と生薬をご紹介!

2022.08.30

  40代中盤から50代中盤の女性を悩ませるのが、「更年期の症状」です。イライラや原因不明の病気に悩まされる方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では女性の更年期に効く食べ物と漢方について解説していきます。更年期でお悩みの女性や、これから更年期対策をしたいとお考えの女性であれば、ぜひ参考にしてみてください。 更年期とは? 更年期とは、閉経を迎える前後5年間のことを言います。女性の閉経の平均年齢がだいたい50歳となっているため、その前後5年間、つまり、45歳~55歳までの10年間が更年期となります。45歳~55歳の更年期は、女性にとって非常に辛く大変と言えるのです。 この時期には、心身に大きな変化が現れます。他の病状を伴わないものだと「更年期症状」と言い、症状が重くて日常生活に支障を出るものだと「更年期障害」と言います。 これらの症状の要因は、「女性ホルモンの減少」「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。また、その他にも加齢やストレス、家事疲れ、職場あるいは家庭での人間関係なども女性ホルモンが減少する原因となります。女性ホルモンは自律神経を安定させてくれる作用があり、骨を丈夫で健康的なものにするのをサポートしているのです。そのことから、女性ホルモンが減少すれば自律神経が乱れ、心身に支障をきたしてしまいます。 怒りっぽくなって性格がまるで変ったかのように変化することもあるため、注意しなければなりません。そうしなければ、これまで経験したことがない辛さを日々感じながら生活することになってしまうでしょう。 更年期のよくある症状 更年期のよくある症状として、以下のようなものがあります。 ①イライラや不安 更年期のよくある症状には、イライラや不安があります。ちょっとしたことでイライラしたり、些細なことがきっかけで不安になったりします。そのため、以前は気にならなかったことでも怒ってしまうケースも。もし、原因不明のイライラや不安で悩まされた場合、それは更年期が理由である可能性が考えられるでしょう。女性ホルモンの減少によってホルモンバランスが乱れ情緒不安定となり、イライラや不安を感じてしてしまうのです。 ②抑うつ 更年期のよくある症状として、抑うつも挙げられます。気分の浮き沈みがかなり激しくなり、意欲が低下することが多くなります。そうなれば、抑うつを発症してしまうことも。抑うつ状態が続くと、日常生活を送るのに支障をきたしてしまいます。ですので、早急に対策を立てる必要があるでしょう。どうしても抑うつ状態が改善できなければ、一度病院へ診察を受けに行くのが良いと言えます。   ③発汗 更年期前はあまり汗をかかなかったという方でも、更年期になると汗を多くかくようになるケースもあります。発汗も更年期によくある症状の1つなので、注意しなければなりません。ホルモンバランスの異常で、発汗を誘発してしまうこともあるのです。暑くないにもかかわらず、精神的なことでストレスを感じて汗をかいてしまうことも。特に顔汗だと非常に目立つことから、それが原因で人前に出るのが億劫になってしまう人もいるのです。 ④めまいや動悸 めまいや動悸も、更年期に多く見受けられます。急に立ち眩みすることが増えたり、体に違和感を覚えたりすれば、めまいや動悸が考えられます。更年期になれば、めまいや動悸で悩まされることも多々あるために、日々体調不良を訴えてしまうということも考えられるでしょう。 ⑤肩こりや関節の痛み 更年期には、肩こりや関節の痛みで悩まされることも多いです。以前に比べて急に肩こりが顕著になる場合や、関節の痛みで体を動かすのも辛い女性も少なくありません。そのことから、まともに日常生活を送るのが簡単ではないでしょう。疲れやすいと感じてしまうことも増えるなど、更年期はさまざまな症状で大勢の女性を悩ませるのです。 積極的に摂りたい食品 女性ホルモンが減少すると骨密度が下がってしまい、骨粗しょう症になるリスクも高まります。そうならないためにも、女性の更年期に効く食べ物について知りたいという女性は多いはずです。 以下で、積極的に摂りたい食品をご紹介します。 ①大豆イソフラボン 大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをすることから、積極的に摂取することをおすすめします。タンパク質が豊富な大豆製品は身体にとても良いため、納豆や豆腐料理、豆乳などを摂取することで、更年期にも効果的でしょう。 ②カルシウムが豊富な小魚や乳製品 カルシウムは丈夫な骨を形成する上で必須と言えますし、更年期にカルシウムが豊富な小魚や乳製品を積極的に摂取することで、非常に効果的です。特に骨のついた小魚だとよりカルシウムを摂取しやすいので、しっかりと食べるようにしてください。乳製品はチーズやヨーグルトを定期的に摂取するのが良いでしょう。 ③きのこ類や海藻類 きのこ類や海藻類には、食物繊維が豊富に含まれています。ですので、しいたけやえのきなどのきのこ類、わかめなどの海藻類を積極的に摂取することで、更年期の症状を改善できる可能性があるでしょう。 更年期には、漢方も効果的...

【積極的に摂りたい】ツライ更年期に効く食べ物と生薬をご紹介!

2022.08.30

  40代中盤から50代中盤の女性を悩ませるのが、「更年期の症状」です。イライラや原因不明の病気に悩まされる方も多いのではないでしょうか。そこで、この記事では女性の更年期に効く食べ物と漢方について解説していきます。更年期でお悩みの女性や、これから更年期対策をしたいとお考えの女性であれば、ぜひ参考にしてみてください。 更年期とは? 更年期とは、閉経を迎える前後5年間のことを言います。女性の閉経の平均年齢がだいたい50歳となっているため、その前後5年間、つまり、45歳~55歳までの10年間が更年期となります。45歳~55歳の更年期は、女性にとって非常に辛く大変と言えるのです。 この時期には、心身に大きな変化が現れます。他の病状を伴わないものだと「更年期症状」と言い、症状が重くて日常生活に支障を出るものだと「更年期障害」と言います。 これらの症状の要因は、「女性ホルモンの減少」「ホルモンバランスの乱れ」が挙げられます。また、その他にも加齢やストレス、家事疲れ、職場あるいは家庭での人間関係なども女性ホルモンが減少する原因となります。女性ホルモンは自律神経を安定させてくれる作用があり、骨を丈夫で健康的なものにするのをサポートしているのです。そのことから、女性ホルモンが減少すれば自律神経が乱れ、心身に支障をきたしてしまいます。 怒りっぽくなって性格がまるで変ったかのように変化することもあるため、注意しなければなりません。そうしなければ、これまで経験したことがない辛さを日々感じながら生活することになってしまうでしょう。 更年期のよくある症状 更年期のよくある症状として、以下のようなものがあります。 ①イライラや不安 更年期のよくある症状には、イライラや不安があります。ちょっとしたことでイライラしたり、些細なことがきっかけで不安になったりします。そのため、以前は気にならなかったことでも怒ってしまうケースも。もし、原因不明のイライラや不安で悩まされた場合、それは更年期が理由である可能性が考えられるでしょう。女性ホルモンの減少によってホルモンバランスが乱れ情緒不安定となり、イライラや不安を感じてしてしまうのです。 ②抑うつ 更年期のよくある症状として、抑うつも挙げられます。気分の浮き沈みがかなり激しくなり、意欲が低下することが多くなります。そうなれば、抑うつを発症してしまうことも。抑うつ状態が続くと、日常生活を送るのに支障をきたしてしまいます。ですので、早急に対策を立てる必要があるでしょう。どうしても抑うつ状態が改善できなければ、一度病院へ診察を受けに行くのが良いと言えます。   ③発汗 更年期前はあまり汗をかかなかったという方でも、更年期になると汗を多くかくようになるケースもあります。発汗も更年期によくある症状の1つなので、注意しなければなりません。ホルモンバランスの異常で、発汗を誘発してしまうこともあるのです。暑くないにもかかわらず、精神的なことでストレスを感じて汗をかいてしまうことも。特に顔汗だと非常に目立つことから、それが原因で人前に出るのが億劫になってしまう人もいるのです。 ④めまいや動悸 めまいや動悸も、更年期に多く見受けられます。急に立ち眩みすることが増えたり、体に違和感を覚えたりすれば、めまいや動悸が考えられます。更年期になれば、めまいや動悸で悩まされることも多々あるために、日々体調不良を訴えてしまうということも考えられるでしょう。 ⑤肩こりや関節の痛み 更年期には、肩こりや関節の痛みで悩まされることも多いです。以前に比べて急に肩こりが顕著になる場合や、関節の痛みで体を動かすのも辛い女性も少なくありません。そのことから、まともに日常生活を送るのが簡単ではないでしょう。疲れやすいと感じてしまうことも増えるなど、更年期はさまざまな症状で大勢の女性を悩ませるのです。 積極的に摂りたい食品 女性ホルモンが減少すると骨密度が下がってしまい、骨粗しょう症になるリスクも高まります。そうならないためにも、女性の更年期に効く食べ物について知りたいという女性は多いはずです。 以下で、積極的に摂りたい食品をご紹介します。 ①大豆イソフラボン 大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに近い働きをすることから、積極的に摂取することをおすすめします。タンパク質が豊富な大豆製品は身体にとても良いため、納豆や豆腐料理、豆乳などを摂取することで、更年期にも効果的でしょう。 ②カルシウムが豊富な小魚や乳製品 カルシウムは丈夫な骨を形成する上で必須と言えますし、更年期にカルシウムが豊富な小魚や乳製品を積極的に摂取することで、非常に効果的です。特に骨のついた小魚だとよりカルシウムを摂取しやすいので、しっかりと食べるようにしてください。乳製品はチーズやヨーグルトを定期的に摂取するのが良いでしょう。 ③きのこ類や海藻類 きのこ類や海藻類には、食物繊維が豊富に含まれています。ですので、しいたけやえのきなどのきのこ類、わかめなどの海藻類を積極的に摂取することで、更年期の症状を改善できる可能性があるでしょう。 更年期には、漢方も効果的...

ストレス解消におすすめの漢方の使用!漢方で元気を取り戻す

ストレス解消におすすめの漢方の使用!漢方で元気を取り戻す

2022.08.18

良いストレス解消法が見つからないという方も、おそらく非常に多いのではないでしょうか? その場合、ストレス解消法としておすすめできるのが漢方の活用です。漢方を活用することで、あなたも元気を取り戻すことができるかもしれません。 この記事では、なぜ漢方がストレス解消に最適なのかについて解説していきます。 ストレス社会を賢く生き抜くためにも、ぜひ漢方を有効活用してみてはいかがでしょうか。 さまざまな薬を試しても効果を実感できない場合 ストレス社会を生きている私たちにとって、ストレスは切っても切り離せないものと言えます。 職場や人間関係、コンプレックス、そしてコロナ禍での生活など、数々のことでストレスを抱えてしまいます。 そんなストレス解消のためにさまざまな薬を試したものの、残念なことに効果を実感できないという人も決して少なくないはずです。健康のために良いとされる薬やサプリメントをいろいろ使ったのに、思うように効果を実感できないという場合、漢方を活用するのがおすすめです。 下記で、なぜ漢方がおすすめできるのかを解説します。 ストレス解消に漢方がおすすめの理由 先ほど漢方がストレス解消におすすめだとご紹介しましたが、その理由について解説します。 自分自身に合うものを見つけやすい ストレス解消に漢方がおすすめできる理由は、「自分自身に合うものを見つけやすい」からです。 他の薬やサプリメントであれば、どれが自分自身に合うのかいまいちわからないということも少なくありません。それが、漢方だと冷え性やむくみ、不眠、便秘など、これらの悩みの種をまとめて改善することが可能です。 そのことから、漢方ならばストレスの原因を取り除く効果が期待できます。身体の不調を我慢していると、他の箇所にも悪影響を及ぼしてしまい、ストレスがますます蓄積される可能性が高まります。そうなれば、まともに日常生活を送れないということも考えられるでしょう。 ですので、ストレス解消におすすめで自分自身に合うものを見つけやすい漢方を活用し、体の不調を改善できるようにしてみるのも有効となります。 高い効果が期待できる ストレス解消に漢方がおすすめできる理由には、「高い効果が期待できる」点もあります。 不眠でお悩みの方であれば、「柴胡加竜骨牡蛎湯」や「抑肝散加陳皮半夏」を用いるのが効果的。 柴胡加竜骨牡蛎湯の特徴は、気の巡りを改善してくれることです。気の巡りを改善することにより、体にこもった熱を放出させられます。 老廃物というものがありますが、これと同じく体内にこもった熱を放出させることで、イライラが減少して睡眠の質を向上させられるのです。 また、抑肝散加陳皮半夏の特徴は、気血水の血を改善させてくれることです。血に問題を抱えている場合、ストレス耐性が低下してしまいがち。それにより、ちょっとしたことでイライラしやすくなります。 抑肝散加陳皮半夏を活用することで、自律神経うまく調節することができ、血の循環が改善されます。 ですので、イライラをしっかりと鎮めることが期待できるのです。もし、さまざま薬を試したものの改善できなったという場合、ストレス解消のために漢方を試してみてはいかがでしょうか。 副作用のリスクが少ない 漢方がおすすめできる理由として、「副作用のリスクが少ない」ことも挙げられます。 一般的な薬だと、副作用のリスクも少なくありません。眠気や下痢の原因となったり、湿疹や蕁麻疹の原因となったりすることもあります。 ですが、漢方だと比較的副作用も少ないことから、安心して活用しやすいと言えます。もちろん正しく摂取する必要性がありますが、副作用のリスクが少ない漢方なため、その点もおすすめできる理由となります。 そのことから、副作用のリスクの少ないもので健康になりたいという方は、漢方を試す価値があるでしょう。 漢方を活用するメリット...

ストレス解消におすすめの漢方の使用!漢方で元気を取り戻す

2022.08.18

良いストレス解消法が見つからないという方も、おそらく非常に多いのではないでしょうか? その場合、ストレス解消法としておすすめできるのが漢方の活用です。漢方を活用することで、あなたも元気を取り戻すことができるかもしれません。 この記事では、なぜ漢方がストレス解消に最適なのかについて解説していきます。 ストレス社会を賢く生き抜くためにも、ぜひ漢方を有効活用してみてはいかがでしょうか。 さまざまな薬を試しても効果を実感できない場合 ストレス社会を生きている私たちにとって、ストレスは切っても切り離せないものと言えます。 職場や人間関係、コンプレックス、そしてコロナ禍での生活など、数々のことでストレスを抱えてしまいます。 そんなストレス解消のためにさまざまな薬を試したものの、残念なことに効果を実感できないという人も決して少なくないはずです。健康のために良いとされる薬やサプリメントをいろいろ使ったのに、思うように効果を実感できないという場合、漢方を活用するのがおすすめです。 下記で、なぜ漢方がおすすめできるのかを解説します。 ストレス解消に漢方がおすすめの理由 先ほど漢方がストレス解消におすすめだとご紹介しましたが、その理由について解説します。 自分自身に合うものを見つけやすい ストレス解消に漢方がおすすめできる理由は、「自分自身に合うものを見つけやすい」からです。 他の薬やサプリメントであれば、どれが自分自身に合うのかいまいちわからないということも少なくありません。それが、漢方だと冷え性やむくみ、不眠、便秘など、これらの悩みの種をまとめて改善することが可能です。 そのことから、漢方ならばストレスの原因を取り除く効果が期待できます。身体の不調を我慢していると、他の箇所にも悪影響を及ぼしてしまい、ストレスがますます蓄積される可能性が高まります。そうなれば、まともに日常生活を送れないということも考えられるでしょう。 ですので、ストレス解消におすすめで自分自身に合うものを見つけやすい漢方を活用し、体の不調を改善できるようにしてみるのも有効となります。 高い効果が期待できる ストレス解消に漢方がおすすめできる理由には、「高い効果が期待できる」点もあります。 不眠でお悩みの方であれば、「柴胡加竜骨牡蛎湯」や「抑肝散加陳皮半夏」を用いるのが効果的。 柴胡加竜骨牡蛎湯の特徴は、気の巡りを改善してくれることです。気の巡りを改善することにより、体にこもった熱を放出させられます。 老廃物というものがありますが、これと同じく体内にこもった熱を放出させることで、イライラが減少して睡眠の質を向上させられるのです。 また、抑肝散加陳皮半夏の特徴は、気血水の血を改善させてくれることです。血に問題を抱えている場合、ストレス耐性が低下してしまいがち。それにより、ちょっとしたことでイライラしやすくなります。 抑肝散加陳皮半夏を活用することで、自律神経うまく調節することができ、血の循環が改善されます。 ですので、イライラをしっかりと鎮めることが期待できるのです。もし、さまざま薬を試したものの改善できなったという場合、ストレス解消のために漢方を試してみてはいかがでしょうか。 副作用のリスクが少ない 漢方がおすすめできる理由として、「副作用のリスクが少ない」ことも挙げられます。 一般的な薬だと、副作用のリスクも少なくありません。眠気や下痢の原因となったり、湿疹や蕁麻疹の原因となったりすることもあります。 ですが、漢方だと比較的副作用も少ないことから、安心して活用しやすいと言えます。もちろん正しく摂取する必要性がありますが、副作用のリスクが少ない漢方なため、その点もおすすめできる理由となります。 そのことから、副作用のリスクの少ないもので健康になりたいという方は、漢方を試す価値があるでしょう。 漢方を活用するメリット...

大棗(タイソウ)とは?生薬の成分、特徴、多岐に渡る効果について解説

大棗(タイソウ)とは?生薬の成分、特徴、多岐に渡る効果について解説

2022.08.02

大棗(タイソウ)は、風邪の引きはじめに用いられる葛根湯(カッコントウ)にも含まれており、有名な漢方生薬として、名前を聞いたことがあるという方は多いと思います。 しかし、 「大棗ってどんな生薬?」 「大棗とナツメは何が違うの?」 「漢方生薬としてどのような効果があるの?」 このように生薬としての成分や効能、大棗とナツメとの違いについて、具体的に理解している方は少ないのではないのでしょうか? そこで今回は大棗の生薬成分、特徴、多岐に渡る効果・効能について解説していきます。 温活をしている方にも役に立つ情報ですので、ぜひ最後までお読みください。 大棗(タイソウ)とは?その特徴について 大棗とは、棗(ナツメ)の熟した実を乾燥させた生薬です。 ナツメは、日本にはおよそ奈良時代から渡来したと言われており、「万葉集」にもその名が登場しています。 古くから生薬や菓子の材料として重用され、“世界三大美女”として名高い楊貴妃(ヨウキヒ)も好んで食べていたそう。中国では、一日に3個食べると老いないと言われており、美容やアンチエイジングにも効果的とされています。 生薬としての“大棗”はさまざまな漢方薬に配合されており、代表的なものとしては、日本で多くの方に親しまれている葛根湯(カッコントウ)や、甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)があります。また、甘味を持つという特徴から、苦みの強い漢方薬と組み合わせられることが多いですね。 ここからは、大棗のもととなるナツメについてさらに詳しく解説していきます。 ナツメについて ナツメは、クロウメモドキ科の落葉高木で、高さは5?15メートルほどになります。 果実は熟れると楕円形でリンゴのように赤くなり、生で食べることもできます。味わいとしてはリンゴのような食感と甘酸っぱさが特徴で、ジャムやお菓子の材料などにも利用されていますね。 このナツメの果実を、夜露にあて日にさらして干したものを紅棗(コウソウ)、紅棗を蒸してさらに干し、シワと黒味を帯びたものが大棗(タイソウ)とされています。 大棗にされたものは生薬として、紅棗にされたものは食用(ドライフルーツ等)として、市場に多く流通しており、中国や韓国などでは縁起の良い食べ物とされています。韓国では薬膳料理として日本でもよく食べられている参鶏湯(サムゲタン)にも使用されており、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか? その他、ナツメとピーナッツを黒砂糖で調味したスープも治療薬膳の一つで、慢性肝炎や肝硬変などの病状に用いられていますね。 大棗の原産地・生産地について 大棗及びナツメの原産地は中国と言われており、3000年以上の栽培の歴史があります。 一方、南ヨーロッパ、西南アジアでも、盛んに栽培されていたようです。現在では中国や韓国、台湾、南西ヨーロッパなどでも生産されています。 日本では福井県、岐阜県を中心とした東北地方や関西地方、その他中国地方などのごく一部の地域で生産されています。 大棗に含まれる成分や性質は? 大棗には、カリウムやカルシウムなどのミネラル類、葉酸やナイアシンなどのビタミンB群、食物繊維、サポニンなどの成分が豊富に含まれています。 特に葉酸は「造血のビタミン」とも呼ばれ、造血や細胞の生まれ変わりを助け、胎児の発育に必要不可欠な成分であると考えられています。 そのため、女性にとって大切な栄養素として、注目を集めるようになっています。胎児が発育する妊娠中の女性や、乳幼児期、成長期の子どもに必要な栄養素と考えられており、積極的に葉酸を摂取することが良いとされていますね。 また、大棗にはサポニンが豊富に含まれています。サポニンとは植物に含まれているステロイド及びトリテルペンの配糖体の一種で、植物の苦みや渋みのもととなる成分です。 強心作用、利尿作用など強い生理活性があることから、古くから生薬として用いられています。...

大棗(タイソウ)とは?生薬の成分、特徴、多岐に渡る効果について解説

2022.08.02

大棗(タイソウ)は、風邪の引きはじめに用いられる葛根湯(カッコントウ)にも含まれており、有名な漢方生薬として、名前を聞いたことがあるという方は多いと思います。 しかし、 「大棗ってどんな生薬?」 「大棗とナツメは何が違うの?」 「漢方生薬としてどのような効果があるの?」 このように生薬としての成分や効能、大棗とナツメとの違いについて、具体的に理解している方は少ないのではないのでしょうか? そこで今回は大棗の生薬成分、特徴、多岐に渡る効果・効能について解説していきます。 温活をしている方にも役に立つ情報ですので、ぜひ最後までお読みください。 大棗(タイソウ)とは?その特徴について 大棗とは、棗(ナツメ)の熟した実を乾燥させた生薬です。 ナツメは、日本にはおよそ奈良時代から渡来したと言われており、「万葉集」にもその名が登場しています。 古くから生薬や菓子の材料として重用され、“世界三大美女”として名高い楊貴妃(ヨウキヒ)も好んで食べていたそう。中国では、一日に3個食べると老いないと言われており、美容やアンチエイジングにも効果的とされています。 生薬としての“大棗”はさまざまな漢方薬に配合されており、代表的なものとしては、日本で多くの方に親しまれている葛根湯(カッコントウ)や、甘麦大棗湯(カンバクタイソウトウ)があります。また、甘味を持つという特徴から、苦みの強い漢方薬と組み合わせられることが多いですね。 ここからは、大棗のもととなるナツメについてさらに詳しく解説していきます。 ナツメについて ナツメは、クロウメモドキ科の落葉高木で、高さは5?15メートルほどになります。 果実は熟れると楕円形でリンゴのように赤くなり、生で食べることもできます。味わいとしてはリンゴのような食感と甘酸っぱさが特徴で、ジャムやお菓子の材料などにも利用されていますね。 このナツメの果実を、夜露にあて日にさらして干したものを紅棗(コウソウ)、紅棗を蒸してさらに干し、シワと黒味を帯びたものが大棗(タイソウ)とされています。 大棗にされたものは生薬として、紅棗にされたものは食用(ドライフルーツ等)として、市場に多く流通しており、中国や韓国などでは縁起の良い食べ物とされています。韓国では薬膳料理として日本でもよく食べられている参鶏湯(サムゲタン)にも使用されており、見たことがあるという方も多いのではないでしょうか? その他、ナツメとピーナッツを黒砂糖で調味したスープも治療薬膳の一つで、慢性肝炎や肝硬変などの病状に用いられていますね。 大棗の原産地・生産地について 大棗及びナツメの原産地は中国と言われており、3000年以上の栽培の歴史があります。 一方、南ヨーロッパ、西南アジアでも、盛んに栽培されていたようです。現在では中国や韓国、台湾、南西ヨーロッパなどでも生産されています。 日本では福井県、岐阜県を中心とした東北地方や関西地方、その他中国地方などのごく一部の地域で生産されています。 大棗に含まれる成分や性質は? 大棗には、カリウムやカルシウムなどのミネラル類、葉酸やナイアシンなどのビタミンB群、食物繊維、サポニンなどの成分が豊富に含まれています。 特に葉酸は「造血のビタミン」とも呼ばれ、造血や細胞の生まれ変わりを助け、胎児の発育に必要不可欠な成分であると考えられています。 そのため、女性にとって大切な栄養素として、注目を集めるようになっています。胎児が発育する妊娠中の女性や、乳幼児期、成長期の子どもに必要な栄養素と考えられており、積極的に葉酸を摂取することが良いとされていますね。 また、大棗にはサポニンが豊富に含まれています。サポニンとは植物に含まれているステロイド及びトリテルペンの配糖体の一種で、植物の苦みや渋みのもととなる成分です。 強心作用、利尿作用など強い生理活性があることから、古くから生薬として用いられています。...